塁審の方程式 実技編
512a101b421aa909a3004e8c

塁審の方程式 実技編

¥8,640 税込

送料についてはこちら

塁審の方程式実技編目次(それぞれのケースを詳細に解説)  1.塁審の任務とは何か  2.塁審の審判技術 塁審の基本的な姿勢と宣告方法  1.スタートするという意味  2.プレイに備えるとは(走者がいない場合)  3.プレイに備えるとは(走者がいる場合)  4.スタートしてからの行動とは  5.プレイを判断する時の姿勢・ストップする意味  6.判定する(アウトの判定)  7.判定する(セーフの判定)  8.判定する(フェアの判定)  9.判定する(ファウルの判定) 10.判定する(妨害の宣告) 11.判定後の動き方 走者に対しての判断と判定  1.フォースプレイの判断と宣告方法  2.タッグプレイの位置取りと宣告方法  3.1塁審判のフォースプレイ  4.1塁審判のタッグプレイ  5.2塁審判のフォースプレイ  6.2塁審判のタッグプレイ  7.3塁審判のフォースプレイ  8.3塁審判のタッグプレイ 走者のスライディングによる審判の動きと解説  1.1塁の場合  2.2塁の場合  3.3塁の場合 捕手の送球の軌道によっての審判の身体の対応の解説 インフィールドフライの判断と宣告のタイミング タッグアップの判断と動きのポイント(図解)  1.走者1塁(打球が中堅手からレフト側ラインまでの打球)  2.走者1塁(打球が中堅手からライト側ラインまでの打球)  3.走者2塁(打球が中堅手からレフト側ラインまでの打球)  4.走者2塁(打球が中堅手からライト側ラインまでの打球)  5.走者3塁(打球が左中間からレフト側ラインまでの打球)  6.走者2塁(打球が右中間からライト側ラインまでの打球)  7.走者3塁(打球が右中間から左中間までの打球)  8.走者1・2塁で、3塁審判が打球を追った場合の「タッグアップ」の確認  9.走者1・2塁で、1塁審判が打球を追った場合の「タッグアップ」の確認 10.走者1・3塁で、3塁審判が打球を追った場合の「タッグアップ」の確認 11.走者1・3塁で、1塁審判が打球を追った場合の「タッグアップ」の確認 12.走者1・3塁で、3塁審判が打球を追った場合の「タッグアップ」の確認    2塁審判は外側に位置しています。 13.走者1・3塁で、2塁審判が打球を追った場合の「タッグアップ」の確認 14.満塁の場合 最後は「inf.における足の運び方」を解説(図解) 157ページ